対人力

目安時間:約 2分

情報発信をする上で、当然なのに

忘れがちになることって、何だと思いますか?

 

1分ほど、考えてみてください。

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみましたか?

 

それでは、答え合わせです。

 

それは、情報には、「相手」がある、ということです。

発信している「発信者」も人ならば、「受け手」も人です。

 

 

相手が「人」なら、最低限の礼儀や節度が必要になります。

いくら、情報を発信しても、受ける相手がなければ、

発信していないのと同じになってしまいます。

 

さらに、情報発信者として、情報を受けてもらうには、

発信者として尊敬してもらうのが、ベストです。

 

これから、しばらく、人と対する力「対人力」について

この本に沿って書いていきたいと思います。

 

 

D・カーネギー【対人力】

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
イチオシ教材
クリックで応援お願いします!